逢いたくて。

新聞の集金日。

これがまぁ、中々お客さんに逢えない。

逢いたくて、逢いたくて。

ただ、世の中、お仕事を皆さんしてるので、帰って来るまでの間。

ちょっとだけアイナメ釣りに(笑)

試したい事もあったし( *´艸`)

ハイドアウトハンター HHS-810XHにPE0.6を組んで、大会仕様のセッティング。

大沢みたいに強い釣りだけが釣りじゃないからね(笑)

今後、トーナメントシーンでも活躍して貰いたい竿なので、こう言ったセッティングもたまにはね(笑)

ラインシステムはPE0.6に10lbフロロを1ヒロ半ぐらい。更にリーダー先端に根ズレ対策で20lbフロロを50cm。トリプルエイトノットで結束。

これだけで、実はかなり細糸の釣りが楽になります。

リーダーはメインラインより弱くする事で根掛かり時に毎回リーダー組むのは防げる。んで先端のリーダーは組むのが楽だから問題ナシ。ただ、一番の問題は根掛かりでミッドリーダーと言いますか、先端のリーダーが海に残ってしまう事が問題ですが、その分、ライトリグを飛ばせるんで根掛かりは減る。

大会だと漁港がメインなので、1日やって根掛かりゼロなんて日も多々あるんで、、、。っとは思ってますが、もうちょい何とか改良したいものです。

スポンサーリンク

実釣!!!

とりあえず、今回はそんなセッティングで爆風と言うこともあり21gを選択。

ワームはロックマックス。

相変わらずカッ飛びますね(笑)

810というレングスからすれば恐ろしく飛びます。試しに1ozなんて投げてみたら100m越えなんじゃ。。。みたいな飛距離。

飛ばし屋さんが投げたらもっと行くだろうな(笑)

と惚れ惚れする飛距離。

一通りかっ飛ばしてランガン。

沖目で待望のバッコン!!!

竿も硬いだけあってアワセも気持ち良いぐらい決まる(笑)

そこからゆっくり魚が暴れすぎないように竿を曲げてファイト。

バットが残る分、やっぱり細糸でもファイトは楽( *´艸)( 艸`*)

良型!!!

このサイズにドラグを出させない竿の弾性。

ヤバいよマジで(笑)

これなら大会でもイケル気がする( *´艸)( 艸`*)

810XH。やっぱ優秀な竿ですな( *´艸`)

って事で1本出たんで満足して集金に戻りました(笑)


Jackson(ジャクソン) ハイドアウトハンター HHS-810XH.

新品価格

¥25,861から
(2018/12/1 12:44時点)