クロソイ釣りで必ず持っていくルアー

クロソイのハイシーズンがまもなく。と言う事で今回は久々に釣りのお話。

自分がフィールドを問わず必ず持っていくルアー。

第1

これは毎度毎度、雑誌でも言ってるんですが絶対的な信頼のレディバランス。

5.8インチあるんで漁港内じゃ少しデカイかな〜?って感じますが、25cmぐらいから釣れちゃいます。

サイズ、数、フォール、巻き、跳ね。とりあえず全部こなせるワームなので困った時は必ずと言って良い程投げます^ ^

使い方もテキサス、フリーリグ、ジグヘッド、ウェイテッドフック。大体のリグで使えるんで、巻くならジグヘッド。落とすならフリーリグやウェイテッドフックって感じで使って貰えればと思います。

フックは魚のサイズ次第で3/0〜5/0を使い分けてます。

自分はタックルが強いので、タントラムコントロールがお気に入りです。

針がだいぶゴツいんで、普通のタックルではオススメ出来ませんが、曲がらないしクロソイとの相性が良いフックです^ ^

第2

第2位はフトハッスン。

足元やらストラクチャーをしっかり丁寧に攻めるには、なんだかんだでネコリグの壁ズルが必要だと思ってます。

細身の8インチ。投げてる人なんてほぼほぼ居ないですからね^ ^

今月でる釣り東北さんの別冊の記事にちょっと書いてますんであまり詳しくは書けないんですが、だいぶ釣れます。

これが自分の中では完全にフィネスな釣りで、使用リグはネコリグオンリー。

ネイルは1.3〜1.8g。針はこれまたリューギさんのヘビーガードタリズマン1/0〜2/0。

20cmクラスを視野に入れないなら2/0で良いかな〜と思います。

針の位置は少し頭寄りに。これで後は足元なら落とすだけ。キャストするなら狙いの場所をズル引き。

近距離戦ならほぼほぼコレで良いかなと思う時もありますが、色んなルアーで釣りたいんでフォロー的な使い方でベイトフィネスタックルと組み合わせて入れる事が多いです。

第3

ジャクソンから発売されたボーンベイトです。

3.5インチと4.5インチがあるんですが、アイナメも視野に入れたい!って方は3.5が良いかと^ ^

クロソイ狙いなら4.5!って言いたいところですが、どっちのサイズも優秀なので好きな方をお選びください^ ^

ピッチの早いアクションで、全てのリグで使いやすい。

そしてゆっくり落としても動くんで軽量リグとの相性も良い。

個人的にシャッドはボーンベイトをメインにしても良いかなと思ってます。夢を追う時はバルト6とかパワシャ6になっちゃいますが、今の自分の釣りにはボーンベイトが合うかなと^ ^

一応、ベイトが小さ過ぎる春はゆっくり泳ぎつつシルエットが細い3.5で良い思いもできましたし^ ^

間のリブにチョベリグみたいなフォーミュラを入れたりも出来るんで( *´艸`)

最近は使って無かったけど、、、

キジハタグラブ4.5

実はよく釣れてフッキングも良いキジハタグラブ4.5。

今年はこの子もメインのローテに入れて行こうかなと^ ^

4.5はあまり見かけないんですが、個人的には大好きなワームです。

ビッグベイトを見せてからフォローで入れたら、、、。

なんて妄想が膨らみます( *´艸`)

っとこんな感じでやってますが、最初はコレで釣りたい!っていう自分が美味しそうなルアーを投げるんですけどねf^_^;

クロソイはなんだかんだで何投げても釣れる事が多いんですが気が向いたら試しにクロソイ釣りに使ってみてください^ ^