★大会後の答えあわせ

惨敗した釣り河北の大会。

 

自分でも解ってる敗因も沢山あるのですが、兎に角これが今の自分の実力。

 

 

ここからどう這い上がるか。コレだけを考えてひたすら大会のお立ちの方々から吸収するのみです‼️

 

さて、そんな大会の魚が入っていたエリア。

 

 

ちょいと、気になったので行ってみました。

 

f:id:kazuki0430:20171018100835j:image

 

スピニングを否定するつもりは無かったのですが、大会ではベイトタックルの可能性に賭けて釣りを展開したものの、敗戦。

 

今回はスピニングで。

 

シビれるエグイヤツ(笑)

 

 

それでもセッティングが気持ちよく無いので、あまりやりたく無いけど、大会想定でタックルバランスの調整。

 

シューティングサーフ96

ツインパワーXD c3000HG

PE0.6にリーダーを10lbを2ヒロ。そこから50〜60cmほど16lbを結束。

 

大体リグの操作中に根ズレを起こすのが、そこら辺なのでそこだけ根ズレ対策の為、太くしてます。

 

大会中、リーダー無くなってノット組むより、16lbの部分で切れてくれた方がタイムロスが最小限になるので。

 

 

ただ、16lbリーダーが確実に海に残る。ここら辺はあまりよろしく無いのでもう少し、何かいい方法を考えなきゃ行けないです(´・ω・`;)

 

 

さて、そんなセッティングでスタートしたのですが、狙うはプリメス。

 

インターシンカー18g+ロックマックス4でボトムを丁寧に探ります。

 

f:id:kazuki0430:20171018101750j:image

イキナリのエグイヤツ(笑)

 

f:id:kazuki0430:20171018101820j:image

サイズも55cmぐらいあるんすけど、、、。笑

 

 

 

 

 その後さらにガチャ根の居着き系の個体を追加‼️

f:id:kazuki0430:20171018101808j:image

 47cm

 

 

 

セッティングは気持ちいいけど、ラインブレイクのリスクが上がる。

 

無理しなければ楽に魚自体は獲れるんだけど、、、。

 

やっぱ細くても推奨出来るのは0.8に12lbまでかも。

 

個人的にはあまり推奨しないセッティングですが、やっぱり釣れるんだよね(´・ω・`;)

 

あぁ参った( ´д`ll)

 

 

 

ここら辺のバランス出し。難しいですな(´・ω・`;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ウッディー より:

    はじめまして!ナイスサイズばかりで羨ましいです(;o;)
    質問なんですが、糸細くすると何で釣れるんですか?
    飛距離上がる以外のメリット教えてください♪

  2. kazuki0430 より:

    ウッディーさん
    コメントありがとうございます‼️
    一番のメリットはやはり軽いリグを遠くに飛ばせる事です(・∀・)
    これだけでかなりのアドバンテージになるので^ ^
    遠くの魚に軽いリグを見せれる事の他に、シンカーのシルエットが小さくなるのでより食わせに特化させる事ができます^ ^
    そこからさらに掘り下げて細糸のメリットを挙げると、、、。
    ・糸が潮に流されにくくなるのでリグの操作がしやすい。
    ・糸切り音が少ない。
    ・風が吹いても対応しやすい。
    ・糸が水中で寝やすくなるのでリグと糸が一直線になり水中イメージとの誤差が減る。
    と、細糸になるとメリットが増えるんです^ ^
    ただ、デメリットもかなり増え、
    ・細い分少しの傷で根掛かりの際、リーダーを失う事が増える。
    ・同様の理由で高切れが増える。
    ・魚とのやりとりでのラインブレイクのリスクが高まる。
    ・移動中でも気を使う。
    などなどデメリットもかなり増えるので難しい所です(´・ω・`;)

  3. ウッディー より:

    回答ありがとうございます!
    なるほど!0.6号のPE怖くて使えません…根掛かりしたらすぐ結束から切れるイメージがあるんですよね
    また克服してみます
    あとよく魚かけてファイト中フックアウトしてしまうんですが、単にフッキングが甘いだけですか?
    バレないイイアドバイスありましたら宜しくお願いしますm(__)m

  4. kazuki0430 より:

    ウッディーさん
    0.6は使用でかなりストレスを感じる部分も多々ありますからね(´・ω・`;)
    個人的にはygkとかの細い0.8が一番な気がします(・∀・)
    PEはだいぶメーカーで太さが変わるんで(・∀・)
    フッキングが甘いのが一番の理由かもです^ ^あとはファイト中にテンションが抜けてたりっと言うのが考えられます。
    魚がバイトしてからフッキング。そこからスグにポンピングに移ると針が掛かりきってない事が多々あるんで、フッキングしてから気持ち長めに竿を立ててバットに重さを乗せてから針をしっかり貫通させて巻き始めれば大丈夫です(・∀・)
    あとはコートしてあるリューギのインフィニやカルティバのマルチオフセットにすればかなり貫通力は上がります^ ^

  5. ウッディー より:

    なるほど!勉強になります!!
    フロロのリーダー16ポンドはメリッドで言ってたリグの操り易さや糸切れ音に影響しないんですか?リーダーもポンド数下げた方がイイんですかね…
    ポンド数でワームのアクションや食いも変わってしまうってのは考えすぎでしょうか

  6. kazuki0430 より:

    ウッディーさん
    リーダーも、基本的に違和感を気にする場合は細い方が良いと思います(・∀・)
    特に水色がクリアな時、人的プレッシャーが多い場所では細い方がバイトが多くなった経験があります^ ^
    なので大沢の場合、メインリーダーを10lbにして、シンカーの誘導範囲(50cm)ぐらいだけ16lbを入れます(・∀・)
    目先に太い糸が来てしまいますが、糸全部が太いよりは違和感は少なくなるんじゃ無いかと期待してます^ ^
    確かに糸の太さでアクションは変わります^ ^大沢の場合はフックの結束は基本的にアイナメの場合はテキサスでもループノット。クロソイの場合はジグヘッドの場合スナップを。ジョイント系のジグヘッドは直結と使い分けてます(・∀・)
    更に言うと水深が深い場所では水圧がかかるのでワームサイズを上げたり、ワーム自体の動きも悪くなると考えてるんで良く動くモノを使用します^ ^

  7. ウッディー より:

    それを踏まえて色々やってみます♪
    迷走したらまた教えてください(笑)
    腕早く治るとイイですね…