アイナメ細糸攻略3つのポイント

アイナメを狙う上で、必要かと言われれば必要。かと言って、ワタクシ的にはラインブレイクのリスクが増えるし、色々とめんどくさい。そして自分のスタイル的にもリグの都合であまりオススメはしてないのですが、今やロングスピニングでの細糸の釣りは東北ロックでは無くてはならない存在になりつつあります。

特にトーナメントでは先輩方が誰よりも先に取り入れ、勝つ為の釣りの主流になってきました(・∀・)

今回はそんな細糸について、意外と詳しく説明されてない事も多々ありますので、そこら辺を詳しく説明していきます!

細糸とは言え、人によって細糸と呼ぶ太さは違うのですが、あくまで対象の魚を自分がほぼほぼ獲れる一番細い番手と考えて頂ければと思います。

例えば大沢であれば、PEの0.5号。コレは魚を獲れるが場所によっては対応しきれない場合もあるので、糸は下げても0.6号。コレで50upもキャッチ出来る自信がある場所でのみ使います。

逆に確実に獲れるようなオープンフラットエリアでは0.4号でも問題無く、夜アイナメの時期はフロロの0.6号(2.5lb)まで落としてもタモさえあればキャッチ出来たりするのですが、一応今回はデイのアイナメの50upを磯っぽいシチュエーションで釣る時。と言うイメージで書いていこうと思います。

ですので、大沢の場合は0.6号+10〜16lbリーダー。多分0.6号で太いし楽勝っ!って方も居ますし、0.8号で細いと感じる人も居ると思いますが、それは自分の釣行スタイルや場所、そして普段のファイトのコース取り等など人それぞれで変わりますので、自分の中での細糸。と言う頭で見てください!

1.まずはメリット、デメリットを知る

細糸を使う上で一番のメリットは、やはり〝飛距離〟

よりスレていないポイントへリグを送り届ける事で魚をキャッチ出来る確率があがります。

さらに、糸が細くなる分、風の影響も受け難く、アクションをしていくうちに糸が水中で寝るので、ラインが一直線になりやすく、リグのイメージと頭の中のイメージがシンクロしやすい。

そして、糸が細くなると軽いリグも遠くに飛ばせるようになり、よりプレッシャーが高いエリアで魚に口を使わせやすくなる。

ここら辺は、どっかの論文に書いてあったのですが、アイナメは7gより軽いスピードで落ちるモノに対して反応が良くなる、、、等々。

っとメリットばかり見るとホント細糸はスゴイんです!

しかし、デメリット。コレがなんとも厄介なんです。

・ライン強度が下がりラインブレイク率が上がる

・リグロスト率が上がる

・高切れを起こしやすい

・根ズレに極端に弱くなる

・リーダーを海に残す

・移動時や通常の糸の操作に気を使う

・糸が伸びる

などなど、実際にデメリットは沢山あります。

ここら辺のデメリットと如何にうまく付き合っていくか。コレが一番のポイントになってきます。

スポンサーリンク

2.タックルバランス

ここからはタックルバランス。これがしっかりできているかいないかでラインの特性を充分に発揮する事が出来なくなります。

まず、細糸を使う際、竿は少し柔らかいものを使います。かと言って竿を弱くする訳では無く、柔らかくありつつもしっかり芯がある竿が良いです。

大沢が使っている竿は、そのバランスが良いシューティングサーフ。

本来であれば糸の強度を上げ、ブランクを最大限に曲げて、竿+糸の2つで100パーセント力を合わせて魚を獲るのが一番なのですが、糸が細く破断強度が低い為に、糸を竿がカバーしてあげなくてはいけなくなります。

そして、竿は糸のカバーをしつつ魚も浮かせなくてはなりません。

竿は大変ですね(笑)

糸のカバーと言うのは、竿の柔らかさ。この部分で魚の体力を奪いつつ、更に糸への負荷を吸収してあげます。

う〜んと。例えば根掛かりでラインを切る時、皆さん竿を寝かせて切ったり、手でラインを切りますよね?

竿を煽って根掛かりを外そうとする時。どちらが強い力で引っ張ってるかを考えると解るのですが、明らかに根掛かりを外そうと煽った時の方が強い力を掛けてるんですよね(・∀・)

でも切れない。つまり、竿がしっかりとクッションとしての役目を果たしてるんです。

このクッションは竿全体で受け止め、さらに綺麗に弧を描く竿が一番力を分散してくれるのでラインブレイクが格段に下がります。

そして、バットはしっかりと残り、魚を浮かせることができる事。

ですのでレギュラーテーパーとかの竿が一番細糸が扱いやすくなるんですね^ ^

細糸の釣りに慣れたら、コレをさらにファーストに振って竿も硬くしてドラグを緩めてファイト。これが出来るようになれば、糸への負荷は掛かるようになりますが、魚は浮かせやすくなります。

ただ、この細糸の最大のキモ。これが解れば、アイナメのキャッチ率は上がりますし、竿の選択の視野もだいぶ広がってくると思います!

3.アイナメとのファイト

これが最大のキモ。

普段は技術的な話はせずにシンプルな事ばかりで道具でカバーできるような事ばかり話してますが、こればかりは技術です(´・ω・`;)

まずアイナメは針がかりした後、岩にはあまり入りませんが、昆布帯には入りスタックします。

しかし、アイナメって思ったよりはスタックしないんです!

そして、細糸の場合は沖に行くにつれ、糸もPEと言えど伸びが出ます。

この伸び。何か気づきませんか?

先程おはなしした〝クッション〟として使えるんです。

そして、そのクッションが協力な程アイナメは嫌がり走ることを辞め首を大きく振ります。

つまり、沖でファイトする程クッションは強力になり、ラインブレイクのリスクを減らしアイナメの体力を削る事が出来るんですね(・∀・)

更に言うと、ラインテンションを張りすぎると竿の曲がりを使える幅が少なくなるので、ラインテンションを緩めすぎるのもよくないのですが、竿のベリーに重さを感じるぐらいをキープしてゆっっくりファイトしてあげます。

そして、竿は高めの位置でキープ。そうする事で急なツッコミも竿を寝かせて対処でき、寝かせる事で、ドラグが滑りやすくなりますので、糸が素直に出て行きます。

結構じれったいファイトで、アイナメ釣りの醍醐味でもある強烈なファイトは楽しめなくなりますが、魚を獲ることは出来るようになります(・∀・)

こんなパンパンの個体だって。

シーズンベストの55cmだって0.6で獲れちゃうんです(・∀・)

ただし、コレも無理しなければ。です。

そして地形をある程度把握してオープンエリアであれば獲れます。

が、ガチガチの磯だったり根が荒い場所では絶対に使いません。

獲れると確信を持てる場所じゃ無いとダメですからね(´・ω・`;)

少しでも不安があるなら1番手確実に糸を太くして釣りをします。

個人的にはやっぱり

ベイトにヘビーリグでガチンコファイトが好きです(笑)

これぞ北三陸スタイル的なね(笑)

ただ、必ずどんな事でもトライ&エラーの繰り返しで上手くなる。やって損する事なんて上手くなる為には無いと思ってます。

だからこそ、ガラにもないような細糸の釣りを書いてみましたが、細糸だから釣れるって場面もありますが、ラインブレイクした魚の運命。コレもしっかり考え理解して貰って、今後の釣りに繋げて欲しいなと思い書いてみましたが、如何でしたでしょうか?

あくまで、これは大沢の考えで、決して正解では無いので、こんな考え方もあるんだ!って頭の片隅に置いて貰えればと思います(・∀・)

最後になりますが、糸の太さ、そしてタックルの強さは優しさ。この事もしっかりと頭に入れて、自分のフィールドに合ったスタイル。そして100%魚をキャッチ出来るタックルバランスで楽しんでみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする