【初心者】クロソイ釣りのアクション〝ただ巻き〟について

今回はクロソイ釣りのメインアクションでもある『ただ巻き』について少しだけ掘り下げて行きたいと思います。

ただ巻き。そう。ただ巻くだけです((*´∀`*))

これなら初心者の方でも簡単に出来るアクションではないでしょうか?

しかしながら、簡単そうなただ巻き。実は向き合うと奥が深い釣りなんです。

そんなの気にしなくても釣れる時は釣れますが(笑)

ただ、意識をちょっと変えるだけで、ただ巻きの釣りが楽しくなりますし、人より狙いの場所を絞りやすかったり、釣果が伸びたりと言う事もありますので、気になる方はお付き合い頂ければありがたいです^ ^

因みに、これもワタクシの個人的な考えなので、正解では無いですし、自分に合わなければ、こんな考え方もあるんだ〜。的な感じでスルーして頂いて構いません^ ^

それでは解説に入ります!

スポンサーリンク

【重要】ただ巻きのキモ

一定のスピードで巻く。

まずは一定のスピードで巻く事が絶対的に重要です。

コレは、一定で巻く事で潮の流れの変化や向きが解ったりする為です。

他にもメリットはあるかと思いますが、クロソイ釣りで自分が意識してるのは、その変化を知る事です。

ただ巻き中、巻き感が重くなった。または、この場所は巻き感が重い。こういった変化を大切にしています。

魚ってこういった変化に集まりやすいんです^ ^なので、クロソイもその変化に何かしらの餌が居ると思って、かは解りませんが(笑)寄ることが多々あります。

そういった変化を知るためにも、一定で巻く事は重要だったりします^ ^

特に回遊系のクロソイは外洋だろうと港内だろうと、そういった変化に着く事が多いですので、サイズを狙いたい方はただ巻きをしっかり出来る様になる事で、粘るポイントを見極める事ができます。

食わせのアクションが自発的にバイトを誘発。

誘発の使い方が合ってるか定かではありませんが(笑)

潮の変化により、リトリーブ中に引き抵抗が変わります。その変わった瞬間、こちらは一定で巻いてるだけなのに、ルアーはゆらぎのアクションや急にピッチを上げてバタバタしたり。

その変化が食わせのアクションを勝手に作ってくれますので、バイトに繋がることも多いです。

でも、実は、今はこのただ巻きは自分はやってません(^^;;

理由はただ単に自分で動かして釣りたいから。笑

一定の引き抵抗を保つ

今はコレです。どっちでも良いと思います^ ^

ただ一定のスピードはレンジキープしやすいミノーとかのプラグには良いんですが、ワームとの相性が宜しくない。

特に自分みたいなサイズ感の大きいシャッドを投げる人には。。。

ここら辺は使うウエイト次第です。少し重め(10g以上)ジグヘッドを使う方やテキサスを使って巻く方はシンカーに主導権があるので、あまり影響は無いのですが、ワームに主導権を持たせた軽いウエイト(3.5gとか)を使う人には引き抵抗をたもつ方がレンジを合わせやすいです^ ^

用はワームに主導権があると引き抵抗が上がる=浮き上がるんです。

そうなると中層を引きたいのにいつの間にか表層を引いてたり。。。って事になるんです。

だから自分は、現在は引き抵抗が強くなったらリトリーブスピードを落として。抜けたら上げて。コレを繰り返しつつ、一定の引き抵抗をキープします。

これにより、根のある場所やバイトゾーンで、わざとレンジを外して食わせたり、引き波でのステイによる食わせの間の演出も自分の気分次第で出来る様になったので、何年もずっとこのパターンです^ ^

ここら辺はライトゲームでも使えますし、結構重宝するんじゃないかなと思います((*´∀`*))

ふぅ。長くなりましたな(笑)最後に注意点だけ書いて終わりたいと思います^ ^

次ページへつづく