アイナメ釣りのシャロー攻略

今回は、アイナメ釣りについて書いていきたいと思います^ ^

と言いましても、自分はトーナメントのような釣りは出来ませんし、漁港は釣る事が出来ないです笑

そして、水深が深い場所はスピード感がゆっくりなのでテンポが合わないのであまりやりません(笑)

せっかちで飽き性なので水深が深いと、丁寧なアプローチもすぐ飽きちゃうんです。。。

そんな自分が紹介できるのはシャローの釣り。水深が50cm〜3mぐらいまでの比較的浅い場所での釣りで、結果が早いのと大雑把に探っても食べてくれる魚が多い事から、自分のアイナメ釣りの殆どはシャローの釣りで組み立ててます^ ^

スポンサーリンク

ポイント選び

まず最初にポイント選び。っと言いましても私の場合、比較的ルアーに反応が良くて、魚のプロポーションも良くて、やる気のある個体が多いゴロタなどの水深1〜3mほどの根のあるシャロー帯を狙います。

そして、数うちゃ当たる的な感じで、何ヶ所もランガンします。

なので、なんとなーくな感じで場所を選んではいますが、そこに砂が絡む。海藻が絡む。ゴロタでも岩のサイズ感の大小。岩盤なのか岩だらけなのか。

そこら辺を反応を見て、反応があった場所と同じようなロケーションのポイントを選ぶようにしています。

その為。年中通してワタクシの釣りはこのシャロー帯での釣りのみで組み立てて、シャローエリアを何ヶ所もランガンしてイージーに反応する個体を拾って行く。っという攻め方をします。

スポンサーリンク

シャローでのアクション

とりあえず巻いてみる

水深が浅いので、射程距離に入り易く、魚のやる気も高い事が多いので、ただ巻きからスタートする事が多く、そこからストップ&ゴーやリフト&フォールで様子を見る事が多いです。

ちょっと前に釣ったアイナメ。ちぬころのただ巻きに反応してくれました^ ^

そんな魚も居ますし、チェイスが見えたりと楽しい事が多いので、最近は巻きから入る事が多くなりました^ ^

自分の場合はですが(笑)普通にリフト&フォールでも良いと思います^ ^

フィネスに寄せる

しかしながら、このシャローエリアでの釣り。魚自体は高活性な個体が多いのですが、魚の気分なのかエサが多すぎるからか。はたまたルアーを見切っているのか。

どういうわけかはわかりませんが、口を使わせるスイッチを入れてあげなくてはいけない場面が多々あります。

普段、自分達が釣りをしていて食わない。バイトが無い。といった場合、ルアーサイズを小さくしたり。リグを軽くしたり。見切られないように糸を細くしたり。カラーをグリパンなどの地味系にしたり。。。

色々あると思います。食わない場合、選択肢としてフィネスに寄せていくってパターンが多くなるかと思います^ ^

実際、自分もそれしか選択肢が無いと思ってましたので(^^;;

リアクションという選択

が、このシャローエリアのアイナメ釣り。もちろんフィネスに寄せないと食わない個体もいるかもしれません。

しかし、シャローに差す個体は高活性な個体が多い。となれば、食わない理由は〝何かが違うから〟

その何かが解れば一気に攻略への道が開けるんですが、実際はわかりません(笑)

でも、折角のルアー釣り。ルアーじゃなきゃ出来ないリアクションでバイトを得ると言う選択肢もあります。

アイナメはエサを捕食する事に特化する為に浮袋が退化し、その代わり水圧変化に強く、遊泳力も抜群な為、スイッチが入ったら水面までもエサを追いかけて来るぐらいアグレッシブな魚です。

その為、そのスイッチを高速ストップ&ゴーやロングジャークの速いアクションで入れてあげます。

リアクションの誘い方

水深1〜3mで使うリグウエイトは1.5〜2oz。

これを底に擦らないぐらいのスピードで巻きます。

巻いてダメなら5巻きぐらいリールのハンドルを一気に回して止めて着底。すぐにまた巻くストップ&ゴー。

そして、ロングジャークからのフォール。

どれも速いアクションでスイッチを入れてあげます。

そして、これは気が向いたらで良いんですが、自分はルアーを常に動かしてワームに意識が行くようにしています。実際はワームが目立つのか、シンカーが目立つのか。ラインが逆に、、、。なんて考えたりもしましたが、バイトはワームに来るので効果的かと思います^ ^

ストップ&ゴーでのストップで着底を待つ間に強めにシェイク。ジャークして着底してシェイク。一呼吸置きたい時にシェイクして動かし続ける事でバイトに繋がる事があります。

興味を持たせたら口を使ってくれる可能性が格段に上がります。そして、見切れないぐらい動き続けたら、嫌でも気になって口を使うor逃げる(笑)

元々興味を示さなかったアイナメが、口を使ってくれる可能性が出て来るならリアクションの釣りって凄いなと^ ^

元は体力のある高活性な個体が多いシャローエリア。この速い釣りの展開がドハマリする場面が多々あるんです( *´艸`)

まず、イメージが掴めない方も居ると思いますので、ストップ&ゴーから試して貰えれば巻きで釣るイメージも湧きやすいかと思います。

ダニエルヘッドみたいなハイアピールなルアーでコレをやると、これまたエグい釣れ方をしたり。。。

長くなったので次ページへつづく。